泉区の地価と周辺環境の良さは不動産売却に影響する?

泉区の地価は周辺環境の良さと絡み合って評価され決まっていきます。

どのように影響し合うのかお話ししておきましょう。

☆前年比4.39%のプラスで推移。

仙台市泉区の地価は、前年比4.39%のプラスで推移しています。

高い上昇率を連続して記録しているのは、建設作業員の数の不足、新築着工件数の伸び、泉区の周辺環境の良さなどが絡み合っています。

とくに仙台市泉区という立地は、自然環境が良く観光資源にも恵まれているので、今後はインバウンド需要の伸びにも高い希望が寄せられています。

いろいろな優位点と期待値があって、不動産売却の取引価格が決まっていきます。

☆不動産売却で買取った物件は10%の利益率で販売。

不動産売却の取引価格を知るには、泉区の地価や売り出し中の不動産物件の価格などから推測することができます。

不動産売却するとその業者はリフォームやリノベーションを行なって、10%~15%の利益を上乗せして販売価格を決めます。

たとえば1000万円で仕入れた物件(不動産売却に応じた物件)なら、200万円をかけてリフォームし、そこに10%の利益を上乗せし1450万円程度で売り出します。

☆不動産売却の方程式がわかっていれば、他の不動産物件を参考にみたときも、いくらで売却された物件か、絡みがわかります。

不動産売却には、建物の傷み具合から地価の上昇率、実勢価格、泉区の立地環境(泉ヶ岳や七北田公園、光明の滝など観光スポットが多い)などが絡み合っています。

最終的な目安になるのは実勢価格なので、その相場価格と泉区の当該物件をくらべれば、不動産売却価格の妥当性がわかります。