泉区にある一戸建て住宅は築年数が古いと不動産売却できない?

仙台市の泉区にある当該物件ですが、築年数が古いからといって不動産売却できないなど、そのような事例は過去にありません。

売却の基本をお話ししておきましょう。

☆泉区の恵まれた自然環境も物件価値の1つ。

仙台市泉区にある一戸建ての当該物件ですが、一概に築年数が経っていて古い家屋なので不動産売却できないということはありません。

不動産査定に来てもらって、周辺の相場より、泉区のその物件がかなり下回るようならリフォームをかけましょう。

また泉区は豊かな自然に囲まれたエリアでもあり、シニアに人気の「光明の滝」、ハイキングやスキーを楽しめる「泉ヶ丘」などがあり、不動産売却の強みにもなっています。

※ピックアップニュース⇒https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171016_13038.html

不安に思う必要はありません。

☆物件の価値は築年数だけで決まるものではない。

不動産物件の売却というのは、物件そのものの価値を総合的にみるべきです。

建物の価値、立地環境の価値、価格的な価値(お買い得かどうか)です。

泉区の場合は立地環境が素晴らしいので、仮に一刻も早く売却したいなら、相場より少し下げて交渉すれば早期に不動産売却できます。

またはリフォームを行なって建物の価値を上げるかです。

仲介を挟まない不動産売却であれば、その必要はありません。

☆築年数が経っていると不動産売却できないというのは短絡的です。

全体的にみて物件の魅力を見出しましょう。

泉区はたとえ築年数の古い物件でも、立地環境の良さがそのマイナスを補ってくれるという強み、頼もしさがあるところです。

建物や土地の広さだけで物件の価値を決めてはいけません。

総合的にみて判断するようにしましょう。